www.dianainn.net

外国為替証拠金取引についての面白さは、たった一つの商品であるが、資金投下の期間を短い・普通・長いのどの種類を選択するかということによって、投入の方法が変わってくるということにあると言います。まずは外貨に対して投入する「長期スタンス」について見てみましょう。長期の投資というのは一年以上の投資が原則とされているものです。一般的に為替レートにおいては一年も経った後の相場は円高と予測するか、逆に円安かどうかを連想することは、多くの場合無謀に違いありません。当然「先の状況は予知できない」と思うのが当然のことかと思います。見当もつかないのになんとか予測しようと努力したところで、それは無理なことなのです。ですから、他の貨幣を買い、その時の価格よりも円高だとしてもその差損分はいつか元に戻るはずだくらいの意識でやり取りに取り組むことが大事です。差益を積極的に追いかけるのではなく、他の方法での差益、つまりスワップ金利を稼ぐことを、とりあえずのねらいと決めてやりましょう。当然のことですがちょっとの期間で為替変動の為のマイナスがたくさん膨らむことがあります。そのため、その為替差損が大きくなっても影響のないようレバレッジを少なめでやり取りする心がけはポイントです。FXは損失が決まった範囲以上に大きくなってしまうと、追加保証金が必要になったりストップロスを置く必要があります。ストップロスをしたらすぐやり取りを打ち切りしなければならず長期投資がダメになります。この例のようなリスクを抑えるためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりでやり取りするべきです。次に中期投資を狙った売買についてです。中期のスタンスの場合、最大で1?2ヶ月くらい経った頃を想定しての取引です。為替売買の場合は、1ヶ月ほど先のことはだいたい、予知可能な場合が多いでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)の類の国際閣議や為替のトレードで売買している人たちがどのようなポイントに着目しているかを考えてみればだいたいの場合予測できるでしょう。上記のようにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしつつチャートを見ることによって、為替の相場の動向を理解し、買いか売りかを見極める方がいいと思います。基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどちらも良い状況でありあるいは買い傾向が一致していればほとんどのケースではそのまま変動すると思って間違いありません。その場合ポジションを増やすともっと大きな儲けを受け取れるのはほぼ確実です。第三に短期のトレードの重要点。ここでいう短期トレードが指しているのは言わば日計り取引のことを示しています。為替相場で日計り取引をする時は、ファンダメンタルズはまるっきり関係しないと明言していいです。なぜならばあくる日の為替レートの変化に経済の基礎的条件は関連がないからです。この時の、最大のポイントは目立った行事があり、そのおかげで為替レートがかなり変化するタイミングを狙って取引することです。例を挙げるとアメリカ合衆国で雇用情勢が公布される、それとも金融政策決定会合が行われることによって金利が変化するという行事。このように絶好の機会に変動を逃さないという意味合いから、短期トレードは多種のものが必須になる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.