www.dianainn.net

車の【全損】とはその名が示すように自動車のすべてが故障してしまう状況で結果的に走行出来ないという状況の車としての役割を満たせなくなった時に言われますが自動車保険で決められている(全損)は多少なりとも同義ではない意味合いがあります。乗用車の保険においては乗用車が壊された時には全損と分損のように2つの結果に分類され《分損》は修復のお金が補償金内でおさまる時を表し、「全損」とは修復費が補償金を超える状態を表現します。一般的には、乗用車の修理で全損という場面では車の心臓となるエンジンに決定的なダメージがあったり車のフレームがねじれてしまって修繕が難しい場合、再利用か廃棄と結論付けられるのが当たり前です。ですが、車の事故の後に修理業者や車の保険会社が必要な修復の費用を推定した際に、どんだけ見かけがちゃんとしていて修繕ができる状況でも修理費が補償額よりも大きかったらなんで保険に入っているのか分からなくなってしまうでしょう。そういう状況では『全損』として愛車の権利を自動車保険会社へと譲渡し補償金額を頂く仕組みなっています。当たり前の事ながらかなりの間使用した自分の車で執着があり自分でお金を出して修復して乗りたいという車の所持者いくらでもいますからケースにおいて車の保険屋さんと話し合うといいかもしれません。もっといえば、乗用車の保険ではそういった事態のために車両全損時諸費用補償特約等《全損》の際に特約ついている状況がたくさんあり、例え、自動車が全損となった際でも購入の諸経費を一部負担してくれる状況も存在したりします。更に盗まれた時の補償額の特約をつけていると、とられてしまった車がなくなった状態でも《全損》の扱いとなり保険金が払われることになります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.