www.dianainn.net

交通事故発生した時、自身が事故の被害者のケースでも事故を起こした人が責任をちっとも受容しない状況はかなり存在します。一例として、意図的にではなく不注意で相手の車を激突されたケースでそういう口論にうつってしまう場合がありがちです。例えそうであってもそこで車のみの事故処理されて時間が経過して自覚症状が現れた時に通院した病院の医師に作成してもらった診断書提出するということは対処が遅くなる感じは否めません。そうであるなら車での事故の過失割合の結論にはどんな風な基準が設定されているのでしょうか。厳密に言うと、警察が決めるのは主として車での事故の大きな手落ちが認められるのはどちらであるかということであり過失の割合がどうなのかというわけではないのです。最終的に決められた責任者が警察から教えられる事は状況はないです。それだから、過失の割合は両者のやり取りの結果で決められたその結果が損害賠償の算定基準となります。この場面で、両者共に任意に加入する自動車保険に加入をしていなかった場合には、両者が直接的に調整しなければなりません。ところが、当然の事ですがその方法では、非理性的なやり合いになる状況が高くなります。これに加えて、お互いの言い分に相違があれば最悪、裁判所に入りますが、多くの時間と費用の計り知れない無駄となります。そこでほとんど、事故に関係する当人に付く自動車の保険の会社に、こういったそれぞれの自動車の保険の会社に調整を任せる方法を利用して、適度などちらに何割過失があるのかを慎重に確定させるのです。その際には、自動車保険の会社はそれまでの自動車事故の裁判の判決から出された基準、判断例などをベースに予想と協議を行って過失の割合を導き出します。そうであっても、車での事故のケースでは、遭遇したのか他者を巻き込んでしまったのかの状況を問わずまず最初に警察に連絡するのがルールです。その上で、自動車の保険の会社に電話をして、その先の対応を一任するのが手順となります。正しい順番さえ把握しておけば、両方の無駄な協議となる状況を回避できるに違いないのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.