www.dianainn.net

とうとう売買する時という場合では、何をおいても事前対策を手抜きしてはいけません。トレードを行う前であれば出来事を論理的に観察する事のできる余裕がある。しかし、一度トレードの内側に踏み込んでしまうと見解が偏ったものになり、重要な時に真っ当な状況がわからなくなる可能性があります。だからこそ自らのメンタルが合理的な時に、適切に準備する事が必要です。その”準備”とは、何はともあれ自分なりの脚本を考える事から行います。投資環境は上がる(または下がる)から、この通貨を取引するというような自分なりの脚本を書いていきます。次に重要なのはチャートを調べましょう。それ以前の為替相場の上下動を見極めて今現在の値段を見ます。すると、「現在は相当安すぎる段階になっているな」とか、それとも「今となっては多数の方が売買しているから、今から自分が売り(または買い)してもすでになすすべがない」などと納得できます。もちろんもう売り(または買い)するが間に合わないなと感じたら、売買しないで、その状況ではすっぱりとあきらめることか肝心。どう工夫してもストーリー展開を引き下げないで、トレードすると、市場に跳ね返されて、それどころか損することになりかねない。ただたいがいの状況で、用意周到に自らの物語を思い描いておくと、仕かけるのが間に合わないなという具合にはならないと思います。おそらく、具体的に外国為替相場が変動する前のはずだからです。次に、とりあえず自らがエントリーしようとしているポジションの上下動を、じっくりとチェックすることが肝心。もし、ドル高に向うであろうという筋書きを書いたのであれば、ドル円の上げ下げに用心しておきます。為替相場の変化を確認し始めたばかりでは、まだ分かりやすく変動する気配を見せないで多少の動きをしているだけでしょう。だが、その上下動を注目しているとある場面で着実に、円安へと為替相場が動き始めます。ここでいよいよ、ドル買いの注文をします。これだけ慎重に事前の準備をすればその取引で利益を上げる率は割合高まります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.