いつも使っているならその次はMasterCard付きのカード

お店でいずれもの所有カードが決済できるわけではない▼カード会社の契約店はだいたい、たくさんのクレカのブランドと契約しているんですが、不便ですが全部の加盟店であらゆるブランドのクレジットカードが決済可能なわけじゃありません。しらすの栄養価

古いタイプの契約店の際だとJCBの入ったそのクレカしか使用できないときもありますし、最近の加盟店舗ではVISAとマスターロゴのついたクレカしか使用不可なときもあるでしょう。アフィリエイト おすすめ

ディスカバーカードのようなクレジットカードだったらよけいに使用不可なお店が増えるのではないでしょうか。カイテキオリゴ 幼児 量

どの印のカードが決済できるかをいかに判断すると良いか?「それじゃどのようにして何の印のクレジットカードが決済可能かというのを判断したらいいものか?」といってみても、正確に理解するには該当店の担当者にお見せしてみる以外ないというのが残念だけど正しい答えです。アヤナスリニューアル

だが大抵の店や料亭にはその目につきやすいスペースに決済可能なクレカのロゴがプリントされている加盟シールが付けられているんで「へーそこの店舗ではアメックスが決済できるのか」ということが分かりやすくなってるので留意しておいてほしいと思います。

しかし、細かく案内が出来ていない加盟店で切るときには、シールが掲載されているお店でも「現在では××クレジットカードはお使いいただけません」といったような回答を受けてしまうなどという状況もないといえなくもなく、メンツをつぶされてしまう状況に出くわしかねません。

お勧めとしては可能な限り全てのお店でクレジットカードが使えるようにする目的を考えると、異なる種類のグループ(国際ロゴ)がプリントされている一般的なVASA、MasterCard、等のカードを2枚以上持つようにするとよいと思います(例:ニコスカードをいつも使っているならその次はMasterCard付きのカードを持つほか)。

とりわけ国内使用のみならVISA、マスターカード、JCBの3つのロゴが入っているクレジットカードを常時持っておけばだいたい日本全土のカード決済可能店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを差し出すよう準備できていることになります。

クレジットカードを契約して日常的にスマートな支払いを目指すためには早いうちに少なくともこの3枚のクレカを申し込んでおいて損はないでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.