外国為替市場介入(為替介入)をお願いする

為替への介入というのは聞いた事がありますか?日銀が介入して新聞、雑誌、テレビ、グーグル等の報道で確認した方もいるでしょう。79-8-111

初めから外国為替平衡操作(為替介入)というと日本では、・大臣(財務大臣)円相場の安定性を実現させるために使う方法と使われています。79-4-111

簡単に言えば、激しい円高もしくは円安になると財務大臣の指図によって日本銀行が日本円を取引して為替のレートの安定化を狙う、ことを言います。79-3-111

為替介入は方法があります。進学塾 松江市 出雲市

1.単独介入・・・行政機関や中央銀行(日本銀行)が、東京市場の中で積極的に市場に入って為替介入を行なう。79-6-111

2.協調介入・・・通貨当局が話し合いそれぞれの銀行などが持ち金を以て同じタイミングまたは時々為替の介入して行く。79-1-111

3.委託介入・・・他国の通貨当局への外国為替市場介入(為替介入)をお願いする。79-7-111

4.逆委託介入・・・日銀が国外の通貨当局に成り代わって外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。79-19-111

こんなやり方があります。79-9-111

いずれの方法の外国為替市場介入(為替介入)も短期に、引き続いて為替レートに多大なインパクトを与えます。79-5-111

為替の介入の資金はさすがプライドをかけて行なうのですから桁外れです。

円を基本にして説明すると、いつもは数銭ずつ変動する円相場がいきなり数円の変動をします。

投資家の人ならば一回は体験したことがあると思いますがこれまで問題なく含み益(もしくは含み損)を増やしていた持ち高を持っていたところ、持続しているポジションが決済しましたとのことで報告が外為の会社よりメールが来ました。

どれほど得になったのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済データを見ると見込んでいた結果とは正反対の状態に驚いてしまった例がありました。

為替介入が行なわれるとよくあることです。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)を行うと為替のトレンドと正反対の変動をすることがわかりました。

さらに変動する金の範囲はものすごく大きく大きく動くため用心が必要なのです。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.