通常のケースでは

自己破産を行ってしまうと会社の同僚に露見してしまったらもうそこにはいられない…と人に知れることが怖いと思ってしまう読者もいるようですが自己破産の手続きをしても裁判所から上司に事実関係の報告などが直ちにいってしまうことはまずあり得ないので通常であれば知れ渡ってしまうということはあり得ません。

又は、通常のケースでは、自己破産に関する手続後であれば借入先から勤め先に取り立ての電話がかかるようなこともありません。

ただ債務整理の申込を裁判所に訴え出るまでの間ならば借りたところから会社の上司に連絡がいくこともありますゆえそれが引き金となって気付かれてしまう可能性が実際にありますし月々の給料の仮押えをされれば当然、上司に発覚するという事態になってしまうのです。

このような可能性がどうしても頭をよぎるのであれば、専門の司法書士や弁護士などといった専門家に破産申告の委任をするといった解決手段を検討するのが賢い選択かもしれません。

専門の司法書士や弁護士などといった専門家に頼むとなると真っ先に全借入先に受任したことを知らせる書面送付しますがそういった受任通知書が到着した以降は借入先が債務を負った人自身に向けてじかに返済の督促を返済の催促を行ってしまうことは禁止されているため勤め先に発覚してしまうなどということも一切あり得ません。

そして、債務整理のせいで会社を退職しなければいけないのかどうかということについては、戸籍または免許証に掲載されるということはまず考えられませんゆえに、一般的なケースであれば上司などに発覚してしまうような事態は考えられません。

もし、自己破産申請を申し込んだことが露見してしまっても破産を理由に勤務先からクビにするといったことはまずあり得ませんし、自主的に辞めるといったことも全くないと言えます。

ただ自己破産申立てが自分の部署に気付かれてしまうことで、会社に居づらくなってしまう自主的に辞職することがあるというのも事実です。

給与の差押えに関して、民事執行法の中で差押禁止債権という名目の中に給料や賃金などを規定されておりこれらの金に関しては1月4日以下までしか差押えを許していません。

よってこれを除く75%においては差押えをすることは出来ないのです。

加えて、民事執行法の中でスタンダードな一個人の必要生計費を定めて政令として目安となる額(33万円)決めています故それを下回るケースは25%のみしか押収できないように設定されています。

なので、債務を負った人がその金額以上の給料を手に入れている場合は、それを上回る給金については全て没収することができるのです。

ただ破産について定められた法律の改正によって免責許可の手続きがあり、同時破産廃止などによる処分が確実になって破産処理の終結が既に決定されていれば、借金の免責が定まり確約されるまで、破産申請者の財などに対して強制執行または仮差押え・仮処分などというものが実行出来なくなりこれ以前に行われているものについても止められるように変更されたのです。

また、債務の免責が確定、決定したならば事前に行われていた接収などは実効力がなくなるのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.