お店の控えレシート

クレジットをショップにて使用する時に、もれなく体験したことがあるかと思いますが担当者が慣れていないためどちらの明細をカード利用者の方に渡すのかわかっていない時があるのではないでしょうか。登録販売者

といいますのも、クレジットカードを決済するとレジ3枚のレシートが発行されるからで、このうちのどのレシートを利用者に渡すべきなのか判断できないという話です。運動不足

3枚の紙の正体とは・・・3枚1組の使用レシートについてとは何かということの概要は、↓の通りです。

1客に渡す用の使用レシート。

2お店の控えレシート。

3クレジットカード会社保管用明細(署名を行う明細)。

本来はあたりまえのように利用者に対して渡す明細レシートをもらうはずなのですが時々、違う使用明細をお客様に対して見間違えて渡すような場合の他、サインした方の紙自体を渡すというような事故さえも存在するのです。

このようなパターンはバイトの人に対してや通常クレカが利用されることの少ない店舗等でクレジットを使用する際、こういった店舗スタッフの戸惑いというものが垣間見ることが出来ると思います。

今後スタッフが違う明細を渡してきた場面では怒らずに「違いますよ」と教えてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.