多くの投資家が買い(あるいは売り)

いよいよエントリーする時という場面では、一番に事前調査を横着してはいけません。

トレードを行う前であれば、相場を論理的に眺める事のできる余裕がある。

だけれども、いっぺんトレードの中に深入りすると、考え方が偏ったものになる事が多く、往々にして冷静な判断を下せなくなる不安があります。

それだけに自分自身の精神が合理的な場面で、しっかりと準備する事が大事です。

この”準備”とは、とにかく己の物語を描くことから行います。

この先のこの通貨はこうなってああなるからこの外貨をエントリーするというような、自分で考えたストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのはチャートをチェックしよう。

これまでの相場の上げ下げを確認して今の値動きを見ます。

そうすると、「現在はひどく高い状態にある」それとも「とっくに多くの投資家が買い(あるいは売り)に動いているからこの先売買しても今さら遅すぎるな」ということが納得できます。

当然ですがエントリーするのが遅すぎるなと思ったら、何もせず、すっぱりと諦めることが大事です。

無理にあなたの脚本を貫いて割り切らずに注文すると市場にやられて、かえって為替差損を受けることになりかねない。

ただし多くの場面で、準備が整った自分なりの脚本を書いておけばエントリーが間に合わないなという状況にはならないでしょう。

具体的にマーケットが変化する前のはずだからです。

次は、差し当たりあなた自身がとろうと考えている通貨ペアの変動をちゃんと確認する事が肝心。

仮に円安になるだろうという台本を書いたのであればその通貨の変化に注目しておきます。

相場の上下動をチェックし始めたときではその外貨ははっきりと動く兆候を見せることなく、上下にわずかな上下動を繰り返しているだけでしょう。

でも、その変動をじっくりとチェックしていると、あるポイントで少しずつ、ドル高へと外国為替相場が推移し始めます。

この状況で初めてドル買いの新規取引します。

普通は、緻密に事前の準備をしておけば、その売買で儲ける率は比較的大きくなるはずです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dianainn.net All Rights Reserved.